前へ
次へ

法人営業の良い求人を掴むためには

営業職は、法人営業と個人営業と言う、二つの異なる分野に分かれます。企業や法人組織を相手に営業活動を行うのが法人営業です。反対に、個人に対して営業活動を行うのが個人営業になります。どちらも自社製品やサービスを顧客に説明・アピールして、契約を頂くことは同じです。しかしそれぞれ、営業方法や考え方などが違いますから、転職を考えて入らっしゃる方々には、求人を選ぶ際には注意が必要になることでしょう。まず法人営業ですが、アポを取り訪問して、プレゼンをすることになりますが、法人営業の場合、その時の担当者が、必ずしも決裁者とは限りません。その方の上司が決裁者で、初めて契約が成立することが多いようです。となると、いかに相手の意向をくみ取り、痒いところに手が届くような、相手からなくてはならない法人営業の担当者になることが理想でしょうか。現在は、テクノロジーの進化に伴う対応にも対処しなければならない時代です。IT関連の確実な対応が不可欠になることでしょう。これから転職を希望していて、法人営業職に就きたいとお考えの方々には、上記の事柄に対応出来るのか、キャリアを法人営業職で活かせるのかと言うことを十分に考慮して、求人を選択して欲しいところです。求人サイト、無料の紙の求人媒体や口コミなど、他の求人情報を注意することが必要かもしれません。あらゆる情報を入手して臨むことが、良い求人を掴むコツではないでしょうか。

Page Top